FC2ブログ
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/01/04(日)23:08
 こんばんは。パーソナルライフコンサルタントの横川 裕之です。

 あなたはこのお正月をどのように過ごされましたか??

 私は家族サービスとスポーツ観戦(TV)に費やすこととなりました。

 やりたかったこともたくさんあったのですが、家族サービスやスポーツ観戦からもたくさんの学びを得ることができました♪

 さて、正月の合間にちょっと考えていたことを記事でまとめたいと思います。

 【金融危機の次は産業危機】という偉そうなタイトルを付けましたが、あなたを含めて多くの方が不況を実感できていないのではないでしょうか?

 新聞やマスコミであれだけ不況不況と騒ぎながらも、別に給料もボーナスも下がっているわけではないし、むしろ増えた人も多いかもしれませんので、なおさら実感が湧かないでしょう。

 でも、派遣切りや内定取り消しなど徐々にその兆候が現れています。

 単純に考えて、、
 
 金融危機になったということは、本来お金を流す立場のところ、つまり銀行や保険会社や証券会社にお金がないということになります。

 企業の多くは、銀行からの融資を得ながら経営を成り立たせています。その銀行にお金がない状態になれば、企業も借りようとしても借りられないわけです。

 そうなると貸し渋りがどうこうという意見が必ず上がってくるのですが、それは違うということになります。貸し渋りする以前にお金がないという問題があるのですから。

 お金が借りられなければ、設備投資は減ります。潰れる企業も出てきます。その結果、産業は衰退していきます。衰退すれば、利益が出にくくなり、会社を存続するためには経費のかかるものを切らざるを得なくなります。

 簡単に書きましたが、昨年の金融危機の影響が2009年には必ず襲い掛かってくるのです。

 1000年に一度とか言われているこの状況なので、過去の対処法は全くアテになりません。
 
 玉石混交のいろいろな情報が飛び交うことでしょう。今年以降、生き残る人は本質を見抜く力を持っている人であることは間違いありません。

 その本質を見抜く力をつけるためには、起こっている現象に対して、「なぜ?」と疑問を投げることを忘れないことだとある方に教わりました。

 あの人が言っているから正しいという考え方では生き残れない時代を迎えます。

 産業危機を迎える前に何ができるのか、もう一度じっくり考えてみようと思います。

 長い文章を最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

☆にほんブログ村の応援お願いします。

☆人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pmlifect.blog90.fc2.com/tb.php/38-f1dbbc88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

横川 裕之

Author:横川 裕之
職業:ラストラブレタープロデューサー(生命保険営業)

趣味:テニス・サッカー観戦

モットー:Love for all、ご縁のあった大切な方を幸せに導く

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Chabo!

Flashリバーシ
やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

検索フォーム

リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

ご訪問ありがとうございます☆

無料カウンター

夢を叶えるための名言集



presented by 地球の名言

仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

 | ラストラブレターに何を遺しますか? ~生命保険 目のつけどころ~TOPへ | 
Copyright © ラストラブレターに何を遺しますか? ~生命保険 目のつけどころ~ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。