--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/08/07(金)07:41
 ご訪問いただきありがとうございます。

 ラストラブレタープロデューサーの横川 裕之と申します。

 周りからは学生時代から【よっこ】と呼ばれております。

 180cmを超えている大男の愛称として、ギャップがあるので、いいかなぁ~と(笑)

 まずは【ラストラブレター】についてご説明しますね。

 生命保険業界、特にイギリスでは生命保険がラストラブレターと呼ばれるそうです。

 しかし、私が考えるラストラブレターとは、お金を大切な方に遺すという生命保険の機能を持つだけでは不十分です。

 私が友人でもある格闘詩人・野崎美夫氏に書いていただいた詩をお読み下さい。

 生命保険

 生命保険は その人から届く 最後の 愛の手紙

 その人が 亡くなったとき 遺された ひとたちに

 悲しみ 以外の なにものも 与えては ならないから

 その人が 亡くなったとき

 遺された 家族たちの 可能性を

 お金が理由で 奪うことがあってはならないから

 遺された 家族たちの 未来を

 お金が理由で 狭めては ならないから 

 社長が 亡くなっても 会社は 無くならない

 そのとき 生命保険は 社員の 方々を 守るために

 社長が 社員に 果たせる 最後の 約束に なる

 生命保険は その人から届く 最後の 約束に なる

 生命保険は その人から届く 最後の 愛の手紙だけど

 それは遺された ひとたちに贈る

 未来への 手紙だから


 この詩は私の志事に対する思いを野崎さんにお話させていただいたものから出来上がりました。

 最後の愛の手紙=ラストラブレター。

 私がラストラブレターに込めるもの、それは

 あなたが大切な方に何を遺したいか??

 ということです。お金も当然その一つです。

 でもお金だけ遺せれば、あなたと遺された方はそれで充分なのでしょうか??

 何より本当に遺したいものは、あなたの生き方だったり、あなたの思いではないでしょうか??

 人間はたとえその身が亡くなっても、他人の中で生き続けていきます。

 その人の思いや生き方は人から人へと伝承していきます。

 伝承されなくなった時点でその人は本当の死を迎えるのだと思います。

 人間は自分という存在を自分以外の誰かに刻むために生きているのです。

 人間は誰かの役に立ちたい、誰かを救ってあげたい、また誰かの何かのために死にたいという理想を持っていると思うんです。

 そこにあるのは、自分の人生が、死が、意味あるものでありたいと願う心です。

 少なくとも私にとっては、これまで出会ってきた何万という多くの方々は、これまでの自分を育ててくれたという意味でも、なくてはならないものとして存在しています。

 この方々がいなければ今の自分はありません。だからこそ出会った方々に心から感謝と尊敬をしています。そんな人間がいることを忘れないで欲しいなと思うんです。

 ひとりひとりは二つとないかけがえのない存在です。そして、この世に生まれてきた以上、その人にしかできない役割が必ず存在するはずです。

 その役割を見つけて一生懸命に生きる姿が、その人の周りの方に勇気を与え、その人たちを輝かせます。

 生きとし生けるものはいつかは必ずこの世から立ち去らねばなりません。でも、できうる限りで精一杯自分を出し尽して生きようとした命には後悔はないはずです。

 そしてその姿が遺された人たちに勇気を与えます。その姿が知らぬ間に他人に学びや気付き、癒しなどを与えることもあります。

 ラストラブレターとはその人自身の生き方に他なりません。それを積極的に形に遺していくお手伝いをするのが自分の使命だと思っております。

 私がお客様とお話させていただくのは、どんな自分でありたいか、どんな人生を歩みたいか、そして何を遺したいのかを共に見つけていくことです。

 100歳まで生きると仮定して、どんなリスクが存在し、どれだけのお金が必要になるのか、どんな生きがいを持って志事に取り組むのか、それを支える健康の情報提供、そして何より自分が生きる根幹部分となる【愛】について、どう考えるのか??

 あなたはどんなラストラブレターを遺しますか??

 長文お読みいただき、ありがとうございました!!
 
スポンサーサイト
2009/05/30(土)23:15
 こんばんは。パーソナルライフコンサルタントの横川 裕之です。

 いつもお読みいただきありがとうございます。

 5月は更新がほとんどできませんでした…(ーー;) 優先順位が低くなっているので、毎日更新は難しいかもしれませんが、いい情報を発信できるよう頑張ります☆

 さて、今日の話題は【雑誌の罠】。

 マネー雑誌を見ていると、いい商品として紹介される会社が偏っていることに、転職前から疑問を持っていました。

 難しそうな資格を持っている方が言うんですから、そうなんだろうなぁ。。と思っていたら、実はそうではないということを知りました。

 実際に雑誌に記事を書いている方によれば、編集側から特定の会社を取り上げるように指示されるとのこと。原稿料で稼いでいるFPの方ですので、正直、逆らえないそうです。そもそも、自分の考えなんて書いたら売れない記事になってしまうので、認められないのだとか(笑)

 じゃあ、その特定の会社とはどこかというと…その雑誌に広告料をたくさん払っている会社だそうです。

 保険商品に良いも悪いもありません。一長一短です。その一長の部分をことさら強調するような記事が乱舞しているのがマネー雑誌の真実だそうです。

 電車広告で【プロが選ぶ…】とかありますけど、そのプロって誰なのか??その方がどんな思いで仕事をしているのかなど、さっぱり分かりません。でも、電車広告で見ると、そうなのかぁ~と知らぬ間に暗示をかけられてしまいます。

 あなたが本当に何が必要なのか、どういった未来を実現したいのか、そのためには何をしなければならないのか、それが雑誌で分かるものでしょうか??
 
 人に頼らずできるという自信のある方は、すでに自分の思い通りに人生をコントロールできる方です。逆にそういう方ほど、客観的な意見が欲しいということで、人を頼られますが^^;

 雑誌の罠。この記事の裏にはどんな事情が隠されているのか、そこを読むと面白いですよ。

 ちなみに、株やFXなどはこれに当てはまらないかもしれませんので、ご注意を。。

長文、お読みいただきありがとうございました!!

 下2つのリンクをクリックしていただけると嬉しいです!!

☆人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ☆ブログ村ランキングです。  
2009/05/10(日)07:46
 こんにちは。パーソナルライフコンサルタントの横川 裕之です。

 いつもお読みいただきありがとうございます。

 久々の更新となりました。今日は保険に本当は入りたいのに、入ることができない方のお話です。

 先週、国民年金のみで生活している知り合いのお年寄りのご夫婦とお話をする機会がありました。

 その方は自営業を全うされたので、年金が月に20万程度しか入ってこないそうなのです。貯金を取り崩す生活が続くのですが、その貯金も尽きかけているというのです。

 にもかかわらず、入院や通院を繰り返したり、ご友人が亡くなられたり、親族のお祝い事などが頻繁にあるため、日々の生活は苦しく、削れるものは削りたいということで相談を受けたのです。

 まずは大きな出費となるものから確認させてもらうため、保険についてお伺いしました。しかし、その方は保険には入っていないというのです。

 【保険なんて必要ない!】 若い頃はそう思っていたので、入っていなかったそうなのです。しかし、ある日、大きな病気(保険会社では受け入れない病気)で入院することになってしまいました。

 その時初めて保険の必要性を心から感じたそうです。しかし、保険は健康な方がご加入いただけるもの。大きな病気をしてしまってからでは保険には入れません。

 現在も入退院を頻繁に繰り返しているそうです。お子様に助けてもらい、なんとか入院費を賄っているそうですが、「孫の教育費もかかるのに…お金のことで子供を苦しめてしまうなんて」と保険に入らなかったことを強く後悔されているのです。

 お話の最後にその方に一言いただきました。

 「私たちと同じような境遇の人を作らないであげて下さいね。」 

 自分たちが苦しいのに、他の人を心配するこの方々の心の広さを凄いと思うと同時に、改めて自分の仕事の大切さを確認させていただきました。

 もし、万が一があったときに、何も準備されていなかった場合、あなただけの問題ではなくなります。あなたの準備は大丈夫ですか??

長文、お読みいただきありがとうございました!!

 下2つのリンクをクリックしていただけると嬉しいです!!

☆人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ☆ブログ村ランキングです。
2009/01/27(火)06:29
 おはようございます。パーソナルライフコンサルタントの横川 裕之です。

 久々の更新となります。

 営業をしていると様々な世代の方のお話を聴くことができます。団塊の世代の方にもお話を伺う機会が多いのですが、皆様異口同音に同じコトを言うのが面白いです。その言葉とは…。

 「若いうちからコツコツやることが一番大事」 

 ということです。その意図は、時間がないので、また次回に。 

 以下2つのクリックをぜひお願いします♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ☆ブログ村のランキングです。
☆人気ブログランキングへ
2008/12/14(日)23:15
 こんばんは。パーソナルライフコンサルタントの横川 裕之です。

 今日は平均寿命と平均余命のお話になります。

 平均寿命とは今、生まれたばかりの子供が、何も無ければここまで生きられるであろうと予測された年月のことを指します。

 また、平均余命とは、死亡状況が今後変化しないと仮定したときに、各年齢の者が平均的にみて今後何年生きられるかという期待値をあらわしたものをいいます。

 厚生労働省が発表した平成18年の平均寿命は何歳くらいだと思いますか??
 
 なんとなくこのくらいかなぁ~という数字を思い浮かべたら、続きをどうぞ。
[平均寿命と平均余命]の続きを読む
2008/12/07(日)23:08
 こんばんは。パーソナルライフコンサルタントの横川 裕之です。

 突然ですが、あなたが加入している保険の【現在の】保障内容は何歳までですか??

 即答できた方でも注意が必要です。【現在の】というのがポイントです。

 残念ながら保険のコンサルを受けたことがない方に限っていうと、【正しく】答えられた方はいらっしゃいませんでした。

 自分でしっかりと選ばれているとおっしゃる方も同様でした。

 分かっているようで分かっていない。分かっていないものにお金を支払っているのが、一番の問題とは思いませんか??
[保障はどのくらい、いつまで必要??]の続きを読む
2008/12/05(金)22:59
 突然ですが、あなたは生命保険に何を求めますか??

 生命保険に加入する前に絶対に考えていただきたいのですが、

 【とりあえず入っておけば安心だから】

 という方が非常に多いです。何が安心なのか?と聞くと、そこまで深くは考えていらっしゃらない。

 逆に、保険はお金のムダだから入らないという方も多いです。

 「何でムダなのか?」と聞くと、「貯金があれば充分と思っているから」と返ってきます。

 「万が一のとき、お子様の学費のために貯めていた貯金を取り崩し、それが原因で、お子様の進学を断念させたとしたら、あなたは満足ですか??」と聞くと、あなたはどう思われますか?


にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

☆にほんブログ村 保険

☆人気ブログランキングへ
[生命保険に何を求めますか??]の続きを読む
2008/12/04(木)06:35
 おはようございます。パーソナルライフコンサルタントの横川 裕之です。

 週刊誌で不安を煽る生保記事の見出しがよく出ています。

 いま、週刊誌は生保と不動産の話題を載せると売れ行きが好調になるそうです。

 今週の週刊朝日でも【国内全44社を最新データで分析 危ない生保】という特集を組んでいます。

 「将来のための生命保険を契約するとき、その保険会社の将来までを考える重要性が増してきた。」と始まるこの記事。

 読まれた方の中には疑心暗鬼に陥る方もいらっしゃるでしょう。
[週刊誌の記事に煽られないように…]の続きを読む
2008/11/27(木)23:43
 こんにちは。パーソナルライフコンサルタントの横川です。

 突然ですが、あなたは【保険】と聞いてどんなイメージを持たれるでしょうか?? 
[保険=嫌い・聞きたくない]の続きを読む
2008/11/23(日)06:20
 こんにちは。パーソナルライフコンサルタントの横川です。

 あらゆるメディアで生命保険についての情報が溢れかえっています。

 TVCMや雑誌やインターネットはもちろん、電車の中吊り広告にも進出しています。

 そのほとんどが

 【保険料を安くしましょう】

 という内容です。逆に【保険料を高くしましょう】という情報はなかなかお目にかかれないですよね。

 これだけ情報が溢れていると、どれが正しいのか判断できない人も多いかと思います。 
[情報が多くて選べない]の続きを読む
プロフィール

横川 裕之

Author:横川 裕之
職業:ラストラブレタープロデューサー(生命保険営業)

趣味:テニス・サッカー観戦

モットー:Love for all、ご縁のあった大切な方を幸せに導く

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Chabo!

Flashリバーシ
やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

検索フォーム

リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

ご訪問ありがとうございます☆

無料カウンター

夢を叶えるための名言集



presented by 地球の名言

仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

 | ラストラブレターに何を遺しますか? ~生命保険 目のつけどころ~TOPへ |  Next
Copyright © ラストラブレターに何を遺しますか? ~生命保険 目のつけどころ~ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。